| 導入事例 | 会社概要 |
株式会社日本箱産業
ラドンへの取り組み|ホルミシスの方舟|ラドン温浴ボックス|湯治箱|ラドンスチーム|Q&A ラドンへの取り組み ホルミシスの方舟 ラドン温浴ボックス 湯治箱 ラドンスチーム Q&A

Q&A

ラドンについて

Q1. ラドンは危険ではないのですか?

50~60年前も曖昧でした。ラドン温泉の良い評判があったり、ラドン洞窟の従事者がガンになる確率が高いと言われたり、科学者・工学博士・研究者・原子力関係者・放射線防護委員会・国、様々な人や機関によって賛否両論があります。そんな中、私たちはどう理解したらよいか困ります。ただ言えるのは、弊社が製造に関わるラドンルームは病院・クリニックなどで結果が出ているという事です。そして成果があるからこそ、玉川温泉や三朝温泉などの湯治場に通われ滞在される方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

Q2. ラドンはどのくらいあれば効き目がありますか?

一般に知られている湯治場で2000~3000Bq、弊社が製造に関わるラドンルームで7000Bq~40000Bqほどです。ラドンはいかに体内に取り込めるかが重要で、量が多ければ確立はあがります。そして取り込むための時間(回数)も重要です。これまでに7000Bqのルームでも驚きの結果が出ていますし、数万Bqですと悪性リンパ腫の改善(1回1時間を週4~5日のペースで使用)も報告されています 。これまでの結果からラドンは『量と時間』と言うのが私たちの結論です。湯治箱は平均5000Bq以上で長時間使用できます。

Q3. ラドン温浴の注意点はありますか?

効果的なラドン温浴やラドン吸引のためには 「体内に取り込む」「湿度と呼吸」「ラドンを溜めて逃がさない」ことが重要です。詳しくはこちらにて解説していますのでご覧ください。

Q4. 薬との併用は大丈夫でしょうか?

薬の効きが良くなるという結果が出ていますが、医師に診て頂いてください。 薬との併用で怖いのは、知らぬうちに体が正常になっていているのに、薬を飲み続ける事です。考えてみて下さい。もしも血圧の正常な人が降圧剤を飲み続けたら今度は逆に危険です。薬は症状を改善する為に飲みますので、薬を使用している方は充分に気を付けてください。

湯治箱 について

Q5. 湯治箱の使い方で注意することはありますか?

まずは十分な量のラドンをタンク内に溜めることが重要です。コックを閉じた状態で8時間ほど置いてください。コックは使用するまでは閉じておいてください。ヒーターのスイッチは使用する20~30分前位から使用直前に入れます。ヒーターのスイッチが入った状態でコックを開きカニューラを装着したら後はそのまま就寝してください。就寝中にラドン吸引ができます。

Q6. 寝ている間に使うのですか?

毎日わざわざ使用する時間をつくることは大変です。そこで就寝時間を利用して長時間のラドン吸引を実現したのが湯治箱です。短時間の使用よりも長時間使用していただくとより効果的ですので、寝ている間のご使用をお勧めいたします。カニューラのチューブが首に巻きつかないよう装着の仕方には十分に気をつけてお使いください。

Q7. 寝ている間に使いたくない場合はどのように使えばよいですか?

どうしても寝ている間に使えない方や使いたくない方は時間はいつでもかまいませんので、最低でも1日1時間はお使いいただきたいです。湯治箱の最大のメリットは、寝ている間に長時間のラドン吸引が行えることです。ラドン吸引もラドン温浴と同様に毎日行っていただきたいため、ぜひおやすみの際のご使用をお勧めいたします。

Q8. 長時間の使用がよいとありますがどのくらいですか?

ラドンを8時間溜め込んでから使用した場合、おおよそ7時間ほど効果的にお使いいただけます。使用しているとだんだんと溜め込んだラドンが減っていきます。使用後は8時間は溜め込む時間を設けましょう。

Q9. カニューラ以外はありますか?

マスクもございます。カニューラもマスクも酸素吸引する際に使用する物と一緒です。カニューラの方が呼吸が苦しくないこと、安全性の面からお勧めをしています。就寝中のご使用にはカニューラをお勧めいたしますが、起きている際に使用される場合にはマスクでもかまいません。鼻から吸って口から吐く呼吸をすれば、効率よく吸引できます。

Q10. ヒーターをなぜ使うのですか?

タンクに溜まったラドンをチューブを通して運ぶためです。タンク内の温度を上げてラドンを押し出します。ラドンは重い気体なのですが溜め込んだラドンを圧力で押し出すことで、適量が流れ出てきます。そしてチューブを通って鼻から入ります。ラドンは無味無臭ですので吸引時に不快な思いをすることなく長時間使用することができます。

Q11. メンテナンスについて教えてください

カニューラは鼻に装着しますので毎日消毒をしてください。先端は取り外し可能で交換できますので適時交換をお願いしております。タンク内の鉱石は消毒済みの天然鉱石です。出荷時にも消毒をして出荷しています。週一回程度付属の消毒スプレーを数回吹いてください。鉱石には微細な粉末をまぶしてありますので丸洗いすると流れてしまいますのでお止めください。消毒液は付属の指定品をお使いください。他製品と混ぜたり併用しないでください。

Q12. タンク内に水を足すタイミングと量を教えてください

タンクのふたを開けたときに湿気が確認できれば水を足す必要はありません。少しの水でタンク内は湿度80%以上になります。タンク内が乾燥していても、水が多すぎても効果的なラドン吸引ができません。理想は石を水に付けてタンクに入れた位の水量です。タンクを密閉しておく為、水の補給はほとんどいらないくらいです。

Q13. 所有の鉱石を湯治箱の中に入れても良いですか?

自己責任でお願いいたします。
もし濃度が知りたい場合は、持ち込んで頂ければ測定は可能です。但し数日かかります。

Q14. 湯治場の良さを再現とはどういうことですか?

日本には特色の違う湯治場が多くあります。骨折や外傷に効果があるとされる湯治場、糖尿病に効果があるとされる湯治場、そして癌に効果があると有名になった湯治場もあり多くの方が訪れています。
玉川温泉は地熱を帯びた岩盤に横たわり、温熱効果によるデトックスを行います。このときに一帯に溜まったラドンを吸い込んでいます。皆さんが原因が分からず良くなったと口コミで広がったのは、実はラドンだったのです。玉川温泉はラドンを放出する北投石に囲まれた最高の湯治場です。しかし自然の屋外ですので風の強い日は残念ながら良く吸えません。

最低でも一週間以上の湯治が良いとされ、確かに一週間続けると何かしらの変化が現れます。昔の人は体で知っていたんです。しかし一週間のうち半数が風の強い日ならばどうでしょうか?単純に湯治の効果が下がってしまいます。その際に耳にするのは、『私には合わなかった。』・・・そこには原因があったのですが残念です。

湯治箱は溜め込んだラドンを効率よく吸引できます。ラドンを吸引するのは玉川温泉と同じです。

Q15. 湯治箱は温泉に浸かりませんが?

もちろん体を温める事は良いことです。温泉には温泉の良さがあります。
ラドンは無味無臭で見えないため吸引してる事すら分かりませんが、玉川温泉や三朝温泉などの湯治場の秘密はラドンにあります。湯治箱はそのラドン吸引を目的にしています。確かに人は、熱い・ぴりぴりと沁みるなどの刺激を感じた上で良くなると『これが良い』『これが効いている』と思ってしまいますが、それだけではないのです。

Q16. お風呂に入れる鉱石と何が違うのですか?

ラドンは呼吸もしくは飲水により体内に取り込まなければ効果は得られません。確かに鉱石を入れると水質は変わりますが、ラドンはお湯の中には溜まりませんし、お風呂の出入口や換気扇などからどんどん流れ出てしまいます。溜め込むにはラドンルームのように密閉空間でなければなりませんから、お風呂の中で測定しても何ら普通の部屋と変わらないと思われます。浴槽いっぱいに鉱石を入れて測定すれば変わるかもしれませんが、うまく取り込むことはできないでしょう。

Q17. 他社の類似品との違いはなんですか?

まずはラドンをしっかりと溜め込む点です。湯治箱では本体内のタンクにラドンを溜め込んでから使用します。なぜなら鉱石から常に大量のラドンが出続けている訳ではないので、溜め込まなければ効果的なラドン吸引にならないからです。次に吸引の仕方です。湯治箱ではタンクに熱を加えて圧力でラドンを送り出します。チューブも細いのでゆっくりと少しずつラドンが運ばれてきます。わざわざ吸い込むという意識は必要なく、ただ呼吸をしていただくだけで結構です。溜め込んだラドンを一気に送っても吸える量は限られますので、ゆっくりと長時間かけて吸引します。

Q21. ラドンルームに比べ湯治箱はこの値段で効くのですか?

ラドンルームは最も効果的にラドンを取り込むことのできる優れた製品です。しかしながら一般の方には費用や設置スペースなどの問題から、導入の敷居が高いのが現状です。湯治箱は部屋に溜めるのではなくタンクに溜める仕組みです。そして溜め込んだラドンをチューブで送って吸引する使用上、少ない量で効率よく吸引できるようになっています。しかもカニューラ採用で寝ている間にラドン吸引を行えますので昼間は普段通りに生活できます。夜、長時間ラドンを取れるのが魅力ですし、6時間以上も付けっぱなし可能。湯治場に行って何時間居られますでしょうか?

参考文献・参考資料

・ホルミシス臨床研究会編(2008) 『医師がすすめる低放射線ホルミシス 驚異のラドン浴療法』 川島朗監修, ローカス.
・ホルミシス臨床研究会編(2009) 『医師がすすめる放射線ホルミシス2 ラドン浴の実践』 川島朗監修,インフォレスト.
・ホルミシス臨床研究会編(2012) 『医師がすすめるラドン温湿浴 放射線ホルミシス療法のすべて』 川島朗監修, 徳間書店.

一般社団法人 ホルミシス臨床研究会

Copyright(C)2010-2015 株式会社 日本箱産業 All right reserved